CBT+PBTのハイブリット型試験

 ハイブリット型試験とは

ハイブリット試験

弊社の親会社であり、PBT(紙試験)の総合委託を行っている日本通信紙株式会社との協業で誕生した”CBT+PBT”(コンピュータ試験+紙試験)のハイブリット試験。双方の試験の良いとこ取りをして、事務局負担の軽減と受験者に利便性を感じていただける新たな試験サービスです。

ハイブリット型試験にする最大のメリット

・コストダウンと受験者数増加が望めます。

首都圏は受験者数が多く一斉に大勢の受験を開始できるPBTが良いが、地方は受験者数が少なく、資材発送・回収、試験監督官の派遣などのコストが高く悩みを抱えている主催者様が多いと思います。ハイブリット試験では、受験者数が多い首都圏はPBT、受験者数が少ない地方はCBTにすることで、主催者様のコストダウンが望めます。また受験者も地方から首都圏に出向く必要がなくなり、近隣のテストセンターで受験が出来るようになることで利便性が上がります。そのため受験者数の増加も望めます。

 

日本通信紙株式会社の詳細はこちらをご覧下さい。→

※株式会社ジェイ・ジェイ・エスは日本通信紙株式会社の100%子会社です。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3260-0955 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社ジェイ・ジェイ・エス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.